理学療法士のためのケアマネ講座

ケアマネ試験に合格をした理学療法士が学習ポイントを紹介します

メニュー

ケアマネ試験の合格基準を考える

理学療法士がケアマネジャー試験に合格するためには介護支援分野、保健医療・福祉サービス分野の区分ごとに正答率70パーセント以上を取らなければなりません。

仮に介護支援分野の正答率が100パーセントだったとしても、保健医療・福祉サービス分野が70パーセント以下であれば不合格となります。そしてケアマネジャー試験の合格基準は、その年度の問題の難易度で補正されることも覚えておきましょう。

ちなみに今回の第18回ケアマネジャー試験における理学療法士の合格基準は以下の通りでした。

  • 介護支援分野:13問
  • 保健医療・福祉サービス分野:25問

あなたが介護支援分野、保健医療・福祉サービス分野の区分ごとに正答率70パーセント以上を取ることができれば、間違いなく合格しているかと思います。

2015/12/31更新