理学療法士のためのケアマネ講座

ケアマネ試験に合格をした理学療法士が学習ポイントを紹介します

メニュー

ケアマネ試験の実務経験を確認する

理学療法士は5年以上(かつ実日数900日以上)実務経験があれば、ケアマネジャー試験を受験することができます。

あなたの経験年数が5年以上であれば、特に問題はないかと思います。

受験資格があるかどうか分からない場合には、都道府県の担当部署あるいはケアマネジャー試験実施機関に問い合わせてみるのも良いでしょう。

就職してから同一の施設で勤務している方であれば、勤務先の事務所で実務経験証明書を発行してもらいましょう。

就職してから複数の施設で勤務していた方であれば、現在の勤務先での勤続年数を確認しましょう。勤続年数が5年以上であれば問題ありませんが、5年以下の場合、過去の勤務先で実務経験証明書を発行してもらわなければなりません。

勤務先の事務所によっては実務経験証明書を発行するのが遅い場合がありますので、発行の手続きは早めにしておくと良いでしょう。